CODEGYM Academyに入校したら生き方が180度変わった

吉田凜さん

都内在住
教養学部 2年生
※入校時の年齢
都内在住で教養学部に通う吉田さんは、プログラミング未経験でCODEGYM Academyに入校しました。 他の受講生と一緒に目標に向かう日々は、楽しさに溢れていたそう。 吉田さん自身の生き方にも大きな影響を及ぼしたと振り返ります。

事前学習で勧められた課題図書
プログラミングの面白さに気づく

CODEGYM Academyに入校しようと思った理由を教えてください。

当時、大学を休学して練習に励んでいたダンス大会が中止になり、落ち込んでいました。私は教養学部で教職課程をとり、教育学や社会学、心理学などを学んでいたのですが、そこに力を注ぐことも無気力感に苛まれできなくなっていました。そこで改めて自分が楽しいと感じることは何か、将来何になりたいのかを考えた時に、私は人と何かを企画する仕事をしたいと思いました。
そんな時、たまたまTwitterでCODEGYM Academyが受講生を募集していることを知りました。プログラミングは、まだこの世の中にないサービスやゲームなどをチームでつくれるという点で、私の楽しいと感じることに近いのかもしれない、そう考えて入校しました。

プログラミングは、吉田さんがこれまで学んできた分野とは、まったく違う分野ですよね。不安はありませんでしたか?

プログラミングは、自分が一生やらないだろうと思っていた領域だったので、不安はありました。大学ではパソコンでレポートを書いていましたが、付け焼刃の知識でやっていたという感じで、IT関連の知識はゼロでした。
ただ、残りの休学期間を考えた時にできることは限られていたので、そのなかで、CODEGYM Academyは卒業すれば対外的にも「これをやった」と胸を張れるものになるだろうと判断しました。また、カリキュラムにチーム開発があったのも始めた理由です。

プログラミング未経験者が短期間で、コーディングのスキルなどを身につけるのは大変そうですが……。

それが、面白かったのです。事前学習では、C言語に関する課題図書を読むように言われました。読んでみたら面白くて、「意外と大丈夫かもしれない」と思えました。本当にいい参考図書で、データの受け渡しなど私が知らないことを一から教えてくれました。
入校前は、私のような初学者が他にもいるのかがわからず、すごい人ばかりかもしれないと不安も大きかったので、課題図書に載っていることは、聞かれたら答えられるように、何度も読みました。

技術メンターの支えがあったからこそ乗り切ることができた

実際に授業が始まってからは、いかがでしたか?

授業はわかりやすかったです。最初は事前学習で学んだ分野だったので、復習が中心でした。その後、授業が知らない分野に入ったら、かなり難易度が上がりました。でも、面白かったのはそこからでした。他の受講生と一緒に課題について話し合い、コードを見せ合って学習するのが、すごく楽しかったです。
受講生のなかにはいろいろなモチベーションでプログラミングの勉強を始められた方がいて、毎回のグループワークの最初の自己紹介でその話をします。そのため、皆さんがプログラミングに期待をして、わくわくしながら学習していることがわかりました。この人たちと一緒にチーム開発をしたいという気持ちがあったからこそ、卒業まで頑張れました。

学習を続けるなかで、苦労したことはありましたか?

途中で大学に復学したこともあり、Wスクールの状態が続きました。その頃、JavaScriptを学んでいたのですが、初めてちんぷんかんぷんになってしまって……。
それまでは、ある程度理解ができた状態で、次の週の授業を受けていたのですが、その時は、自分が授業についていけていないことに気がつきました。そしてそのままFinal Projectに突入。プログラミング言語が全然わからない状態で、それを使いながら自分のアイデアをコーディングしなければならなくなったのです。「やばい」と思いました。

それは大変でしたね。どうやって乗り切ったのですか?

いつもお世話になっていた技術メンターのところに行き、「コーディングが全然わからない」と相談しました。そうしたら、これまでに取り組んだ課題をたたき台に、新たな機能を付け足したり、こだわりたいところを変えていったりすればいいとアドバイスをくれたのです。そのアドバイスをもとに取り組んだところ、仕組みが理解でき、完成させることもできました。

技術メンターのアドバイスが役に立ったのですね。

技術メンターのアドバイスは、毎回とても勉強になりました。
技術メンターに相談すると、いつも私が理解できているところと理解できていないところを把握して、私自身で気づけるように質問してくれるのです。だから、理解できた瞬間が気持ちよくて、何度も相談しに行っていました。
他にも、最初のうちは自分が書いたコードで何度もエラーが出たのですが、技術メンターに「初学者が、最初の段階でエラーにぶつかってしまうのは避けられない」「この方法でエラーの原因がわからないなら、次はこの方法を試したらいいよ」とさまざまな対処法を教えてもらいました。最初はエラーが出ることがとてもストレスでしたが、おかげで打たれ強くなり、自分のアイデアを形にすることにエネルギーを注げるようになった気がします。

達成感と悔しさを覚えたチーム開発

チーム開発はいかがでしたか?

「もしもボックス」というSNSをつくりました。これは『ドラえもん』の秘密道具から名付けたサービスで、「一般の人が持つ『もしも』というアイデアの宝庫と、エンジニアが生み出す秘密道具を循環させることで『わくわく』を増進させる」というコンセプトです。
一般の人は「もしもこんなサービスがあったらいいな」とつぶやき、それに対して他のユーザーやエンジニアが既存のサービスを紹介したり、エンジニアがそのつぶやいた人とやりとりをして新たなサービスを生み出したりできるというものです。

面白そうなサービスですね。苦労した点はありましたか?

私たちのチームは、他のチームに比べてメンバーが一人足りなかったうえ、全員がプログラミング初学者でした。全員が「力量が足りない」と自覚したうえで、コンセプトを絞って開発を進めました。コミュニケーションを絶やさないように毎日進捗を確認したり、フロントエンドとバックエンドに役割分担したり……。毎朝8時から12時まで一緒につくり、本当に楽しかったですね。出来上がった時は感動しましたし、達成感もありました。
ただ、私たちは賞を狙って開発を進めたのですが、受賞できなくて……。それはとても悔しかったです。でもだからこそ、アプリケーションとして世の中に出そうと決めて、3人で開発を続けています。

印象に残っている授業はありますか?

鶴田さん(株式会社LABOT代表取締役 CEO)のアイデア出しの授業です。アイデアを生み出す方法だけではなく、生み出したアイデアを具体的なかたちにしていく過程まで話してくれたのが印象的でした。私はアイデアをたくさん思いつくタイプなのですが、それを精査し、魅力的なものにしていくことこそが大切だと学びました。

自分がつくりたいものを形にできる方法を手に入れた

CODEGYM Academyに入校して、ご自身に変化はありましたか?

生き方が180度変わりました。それまで、私は義務感が強くて、教職課程に進んだのも教育現場における問題を解決しなければならないという義務感を覚えたからです。CODEGYM Academyで、プログラミングという楽しくて面白い分野に出会って、「自分がわくわくするものを人とつくりたい」と思うようになりました。
大学で授業を選択する時も、これまでは「必要だから」という理由で選んでいましたが、今は自分の興味に合わせて選ぶようになりました。自分がつくりたいものを形にできる方法を手に入れたことで、自由になれたように感じています。
また、これまで就職活動で自分をアピールすることに不安を感じていましたが、実際につくったものをプレゼンし、開発過程の話をできるようになったと思うと、就職活動でさえもわくわくしています。

大きな変化ですね。吉田さんは将来、どんな仕事をしたいと考えていますか?

制作企画です。CODEGYM Academyでは、実際に働いている方のお話を聞く機会があり、エンジニアと一言で言っても、さまざまな仕事があることがわかりました。
コーディングも楽しいのでできるならやりたいのですが、CODEGYM Academyでいろいろな役割の方から話を聞けたことで、私はやっぱり最初のアイデアを詰めていき、誰に何のために届けるのかを企画することが好きだとわかりました。自分が本当に興味があるものが何かがわかり、本当にありがたかったです。

吉田さんにとって、CODEGYM Academyで過ごした時間は、どのようなものでしたか?

私の学生生活のなかで、一番大きなターニングポイントになったと感じています。私は休学中だったので、大学とのつながりもなくなり同級生は卒業していきました。 CODEGYM Academyでは全国にいるいろいろな人に会えて、期待や悩みを共有して、一つのゴールに向かって頑張って……。孤独感を抱えていた私は、すごく救われました。

どんな人にCODEGYM Academyを勧めたいと思いますか?

私はCODEGYM Academyに入って良かったと思っているので、「自分を自由にする手段が手に入るかもよ」って言いながら、実は周りの人にたくさん勧めています。
特に勧めたいのは、アイデアは湧くけどそれを形にする手段を持っていない人。「これをやってみたい」と言いつつも、達成したことがない人であれば、達成するための手段を持てると思います。達成することが、本人の自信にもつながるでしょうし、夢も見つかるかもしれません。

まずは入校希望者向け説明会

約120分間の入校希望者向け説明会では、CODEGYM Academy 立ち上げの理念から始まり、CODEGYM のこれまでの就職実績・各種データの紹介、コロナ時代における就職活動、プログラミング学習のアドバイスなどをテーマにお話しいたします。