CODEGYM Academy 開校。503名の受講生が入校しました。

CODEGYM Academy “2021年コロナ学生緊急支援” が、5月15日(土)午前9時、無事にスタートしました。
全国から503名の学生が入校。大学生が85%で、残りが高校生や学校を中退済みの方です。また女性の参加者も、全体の32%になりました。

半年後、今は想像もしていない景色を見に行こう。

今日から 6ヶ月間(24週間) にわたって、毎週土曜日 9:00〜19:00 の時間に、このメンバーがオンラインで集い、学んでいきます。
土曜日は講義、ピアラーニングを実施し、実際には土曜日以外にも、各自が 15〜25時間 ほどの時間を捻出して、課題に取り組むための学習が必要になります。学生同士は、自由に勉強会などを Discord を使って主催できます。
ZOOM に集まった500名を超えるメンバー。
以下の画像は、一画面に48名が表示されていますが、これが10ページにわたってあります! 
CODEGYM Academy の今回の非営利プロジェクトは、1つの専門学校ほどの人数規模になりました。

いよいよ授業開始

そしていよいよ、 CS50 を用いた講義のスタートです。
私たちは、CS50 を Creative Commons ライセンス (CC BY-NC-SA 4.0) に基づいて、日本語化を進めてきました。講義ビデオも、すでに上がっている機械翻訳のものではなく、翻訳の訂正を含めた、日本語に最適化したビデオを作成しました。(この日本語翻訳字幕が付加されたCS50の教材ビデオは、CCライセンスに基づいて、Youtubeに再アップロードされます)
Malan 先生の登場です。
HarvardX CS50x 2021 / CC BY-NC-SA 4.0
誰もが最初は入門者であり、未経験者。
「あなたが初めてのコンピュータサイエンスの授業に不安を抱いていたとしても、上下左右どこを見渡しても、実は同級生の多くが同じような不安を抱えています。」
HarvardX CS50x 2021 / CC BY-NC-SA 4.0
HarvardX CS50x 2021 / CC BY-NC-SA 4.0
「このコースで大切なことは、クラスメートとの比較ではなく、スタートした時の自分との比較で、どのような結果になるのか。」 とても大切なメッセージです。
HarvardX CS50x 2021 / CC BY-NC-SA 4.0
HarvardX CS50x 2021 / CC BY-NC-SA 4.0
コンピュータが動く仕組み、0と1。つまりバイナリの解説から始まります。
講堂で行われる講義は、さまざまな小道具を使って、わかりやすく喩えられます。
HarvardX CS50x 2021 / CC BY-NC-SA 4.0
HarvardX CS50x 2021 / CC BY-NC-SA 4.0
HarvardX CS50x 2021 / CC BY-NC-SA 4.0
アルゴリズムについての理解も、本日の講義のなかで触れられました。
詳しいアルゴリズムは、Week 4 で実践されます。
擬似コードによるコーディングの概念を学んだあとは、Week0の入門、Scratch を使った講義です。
小学生の多くがブロックのプログラミングを学んでいますが、 意外とまだ触れたことが多いのではないでしょうか。 子供だましと言うには失礼なほど、かなり自由度の高い表現が出来るうえ、 アルゴリズムを初めて触れる方の最初の2〜3時間目の学習には、うってつけの教材です。
HarvardX CS50x 2021 / CC BY-NC-SA 4.0
HarvardX CS50x 2021 / CC BY-NC-SA 4.0
CODEGYM Academy は、毎週土曜日の 9:00〜13:00 の午前中に講義。 1時間のお昼休憩を挟んで、 14:00〜17:00 に「ピアラーニング」を実施します。
500人の参加者を100チームに分けて、5人1組で「初めまして」から、一緒に学び合う工夫が凝らされています。 このチームは毎週shuffleされるため、少なくともチーム開発に始まるまでの12回、ランダムで様々な受講生と交流し、コミュニケーションの経験を育むことができます。
インターネットを通じて、ビデオ・音声だけで交流する人たちと主に開発する、リモート開発ができるネイティブ学生として卒業することができます。